労災保険の特別加入

労災保険の特別加入

こんなことでお困りではありませんか?

こんなことでお困りではありませんか?

  • 元請け会社から、「労災保険に加入していないと、現場に入ってはいけない」と言われた
  • 仕事中に怪我をして休業したため、収入が途絶えて生活費が確保できなくなった
  • 仕事中に怪我をしたが、事業主なので労災保険の給付を受けることができない
  • 仕事中に怪我をしたが、事業主なので健康保険が使えず、治療費を全額自己負担した

一人親方・中小事業主等の特別加入について

中小事業主等や、建築業の一人親方は、労災保険に加入することはできません。しかし、これらの方々の中には、従業員と同じように建築現場などに入って働かれている方もいます。そうした方が現場で怪我などを負って休業を余儀なくされると、労災保険の給付を受けることができないので、その後の生活に支障をきたしてしまう場合があります。またこれらの方は、健康保険も使えないので、治療費を全額負担しなければいけない場合もあります。こうした事態を避けるためにも、中小事業主等や一人親方には、当事務所にご相談頂いた上で、労災保険に特別加入されることをおすすめします。

中小事業主等とは

中小事業主等とは、「製造業・建設業・運輸業・その他」で300人以下、「サービス業・卸売業 」で100人以下、「小売業 」で50人以下の労働者を常時使用する事業主および役員、家族従事者のことです。

一人親方とは

一人親方とは、常に労働者を使用しないで事業を行う一人親方、またその他の自営業者のことです。労働者を使用することがあっても、それが極めて少ない日数であれば一人親方とみなされます。ただし、労働者を使用する日数の合計が年間100日以上と見込まれる場合には、中小事業等となります。

特別加入できる職種

特別加入できる職種

  • 足場作り
  • ガス工事
  • 建設現場での解体作業
  • 左官工事
  • 水道工事
  • 造園工事
  • 大工
  • 建具工事
  • 電気工事
  • 道路工事
  • 塗装工事
  • とび
  • 土木工事
  • 内装工事
  • 配管工事
  • 屋根工事

など

お仕事中に怪我・事故に遭っても労災保険では補償されません

お仕事中に怪我・事故に遭っても労災保険では補償されません当事務所は一人親方と称される方に「一人親方労災保険」への特別加入をおすすめする理由は、お仕事中、怪我・事故に遭われても労災保険では補償されず、また日常生活の病気・怪我を対象とする健康保険では、仕事による怪我の治療費の補償は認められていません。
そのため、一人親方労災保険に特別加入していなかった場合には、保険が何も適用されず、怪我・事故後の生活に支障をきたす恐れがあるからです。
建築現場は常に怪我・事故の危険がともなうものです。だからこそ、当事務所のサポートのもと一人親方労災保険に特別加入されることをおすすめします。

中小事業主等の特別加入

中小事業等の特別加入の場合、労働保険の事務手続きを労働保険事務組合に委託します。その後、労働保険事務組合を通じて特別加入の申請を行ないます。

労働保険事務組合とは

法律により厚生労働大臣の認可を受け、労働保険(雇用保険・労災保険)の適用・保険料の納付などの事務処理を行う団体です。

一人親方の特別加入

一人親方組合を通じて特別加入することになります。

特別加入の費用について

「一人親方労災保険」への特別加入の費用には、国に納める保険料と組合費があります。保険料は法律で定められているので組合ごとに違いはありませんが、組合費は組合ごとが独自に設定しています。
当事務所にご相談頂けましたら、月額1,000円(初年度のみ入会金5,250円が必要)でご加入頂くことが可能です。最短で翌日からのご加入も可能ですので、是非一度当事務所へご相談ください。