社会保険・労働保険の手続き

社会保険・労働保険の手続き

こんなことでお困りではありませんか?

こんなことでお困りではありませんか?

  • 社会保険・労働保険の手続きがわからない
  • 社会保険・労働保険の手続きにかかる時間コストを削減したい
  • 法改正などの情報を専門家から得たい
  • 専門家の力を借りて、社会保険・労働保険の業務処理のミスを防ぎたい

社会保険・労働保険とは

社会保険とは

社会保険とは、平易にお伝えすると「健康保険」と「厚生年金保険」の総称です。

■健康保険

健康保険とは、業務以外の病気・怪我で治療を受けた時や、出産時などに補償が受けられる保険制度のことです。被保険者が医療機関での受診が必要となった時に、保険者が医療費の一部を負担することになります。

■厚生年金保険

厚生年金保険とは、高齢や障害者になった時や、死亡時などに本人または遺族が補償を受けられる年金保険制度のことです。受けられる補償として「老齢年金」や「障害年金」などがあります。

労働保険とは

労働保険とは、平易にお伝えすると「労災保険」と「雇用保険」の総称です。

■労災保険

労災保険とは、個人・法人を問わず従業員を1人でも雇用した時に、事業主に加入が義務付けられる保険制度です。業務中、通勤・退勤中などに起こった従業員の怪我・傷害・死亡などに対して、本人または遺族に必要な補償が支払われます。

■雇用保険

雇用保険とは、国が運営する保険制度で、従業員が何らかの理由により失業した時に、再就職のための就職活動を支援するものです。

各保険の補償が受けられる主なケース・負担割合

保険の種類 補償が受けられる主なケース 負担割合
健康保険 業務以外の病気・怪我で治療を受けた時など 保険者(会社)と被保険者(従業員)が50:50で負担
厚生年金保険 高齢や障害者になった時や死亡時など 保険者(会社)と被保険者(従業員)が50:50で負担
労災保険 業務中、通勤・退勤中などに発生した怪我・傷害・死亡など 保険者(会社)が全額負担
雇用保険 失業時など 保険者(会社)と被保険者(従業員)が負担

各保険加入時に必要な書類

社会保険加入時に必要な書類

■提出書類

■提出書類

  • 新規適用届
  • 被保険者資格取得届
  • 被扶養者(異動)届
  • 第3号被保険者資格取得届
  • 会社登記簿謄本
  • 賃貸借契約書の写し

■確認書類

  • 出勤名簿またはタイムカード
  • 労働者名簿
  • 賃金台帳
労働保険加入時に必要な書類
  • 保険関係成立届、概算保険料申告書
  • 雇用保険適用事業所設置届、雇用保険被保険者資格取得届

保険加入手続きは当事務所にお任せください

保険加入手続きは当事務所にお任せください健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険などの保険加入手続きに必要な書類の作成・提出は、是非、当事務所にお任せください。貴社に代わって、スピーディかつ正確に代理・代行させて頂きます。それにより、担当者は他の業務に専念することができるようになります。人材活用の面でも、正確な業務処理の面でも、社会保険労務士にアウトソーシングした方がメリットがあると言えます。

社会保険労務士にアウトソーシングするメリット
  • 社会保険・労働保険の手続きにかかる時間コストが削減できる
  • ミスのない正確な業務処理が可能となる
  • 法改正時にも迅速に対応できる
  • 自社内に専門的な知識を保有する必要がなくなる
コストパフォーマンスが高い「顧問契約」がおすすめです

社会保険労務士に保険加入の手続きをアウトソーシングする場合、「顧問契約」と「都度受託」の2種類がありますが、手続きが発生するたびに書類の作成・提出などを依頼する都度受託の場合、年間にかかる費用が高額になりがちです。なので、当事務所ではコストパフォーマンスが高い顧問契約をおすすめしております。
顧問契約とは、毎月定額の料金をお支払い頂くことで、社会保険・労働保険の加入に必要な書類等を、発生時期や数量に関わらず作成・提出するサービスです。