助成金の申請

助成金の申請

助成金とは

助成金とは助成金とは、厚生労働省所轄の支援金で、雇用保険を原資としています。助成金は融資と異なり、返済する必要はありません。ただし、助成金を受けるためには、事業主が雇用保険に加入している、かつ定められた要件を満たしていることが必要となります。
助成金には、非正規雇用の労働者のキャリアアップ促進に取り組む事業主に助成される「キャリアアップ助成金」や、最初の短期間だけ試験的に雇用し、労働者の仕事の順応性や適正などを雇用期間で判断して、正式な労働者として雇用する制度を設置した会社に対して助成される「トライアル雇用奨励金」など、様々なものがありますので、是非一度申請をご検討ください。助成金の申請代行は、社会保険労務士のみ行うことができます。

助成金のメリット

  • 融資と異なり、返済する必要がない
  • 創業時の資金不足を解消することができる
  • 人事労務関連の整備に繋がる

このような場合は、助成金の申請を検討されることをおすすめします

このような場合は、助成金の申請を検討されることをおすすめします

  • 新たな人材の雇用を検討している
  • 社内の契約社員やパートに、正社員にキャリアアップさせたい人材がいる
  • 高齢者や障害者の雇用を検討している
  • 子育て支援など、ライフステージに応じた働き方を支援している

助成金の申請は当事務所にお任せください

助成金の申請は当事務所にお任せください助成金を受給するには、各助成金の支給要件を満たしているだけでは、十分ではありません。労務管理がきちんとできていることが受給する為に非常に重要です。勤怠管理がきちんとできている、残業計算が正しく行われている、法定帳票が整っている等労務管理ができていないと支給申請時になってダメだったということになりかねません。当事務所では助成金受給のための労務管理を含めてお手伝いします。

当事務所にご依頼頂くメリット
  • 自社にとってベストな助成金をアドバイスしてもらえる
  • 助成金が受給できる可能性が高まる
  • 申請にともなう手続きを任せることができる
  • 助成金申請にかかる時間コストが削減できるので、その分、本業に専念することができる
  • 法定帳簿や就業規則なども事前にチェックしてもらえる(助成金申請の時に、法定帳簿・就業規則の提出が求められることもある)

助成金の種類

おすすめの助成金

人材開発支援助成金

人材開発支援助成金とは、主に正社員を対象とした助成金で、職務に関連した専門知識や技能習得のための職業訓練などを計画に基づいて実施した場合や、人材育成制度を導入し適用した場合などに支給されます。

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金とは、非正規雇用者のキャリアアップに積極的に取り組む事業主を対象とした助成金で、「人材育成コース」「賃金規定等改訂コース」「健康診断制度コース」などのコースがあります。いずれか1つのコースしか受給できないわけではなく、複数のコースが受給できる場合もあります。

特定求職者雇用開発助成金

特定求職者雇用開発助成金とは、障害者などの就職困難者を雇用保険の被保険者として継続して雇用している事業主を対象とした助成金です。労働者や会社の規模などに応じて30~240万円の助成金が支払われます。比較的受給しやすい助成金と言えます。

両立支援助成金

両立支援助成金とは、従業員の職業生活と家庭生活の両立を支援したり、女性が活躍できる環境を整えたりするなどの取り組みを行った事業者を対象とした助成金です。

建設労働者保育成助成金

建設労働者確保育成助成金とは、建設労働者の雇用改善や、建設労働者の技能向上などのための取り組みを行った中小建設事業主、中小建設事業主団体などを対象とした助成金です。「認定訓練コース」「技能実習コース」「雇用管理制度助成コース」「登録基幹技能者の処遇向上支援助成コース」「若年者及び女性に魅力ある職場づくり事業コース」「若年・女性労働者向けトライアル雇用助成コース」「女性専用作業員施設設置助成コース」などのコースが設けられています。